ご縁(NO円)農園の四季

まなぶくらすには、ちいさな農園があります。ほとんどの種を種取りし、購入する肥料も農薬も資材も使わずにやっているので、ご縁農園(NO円)と名付けました。

種をまき、季節のものが実り、また種を取って次の年を待つ・・・こうした自然のリズムを感じるくらしを通して、子どもの内面に自然とのつながりやリズムがはぐくまれます。
ホーリーバジル。種取りしたもの。

ちびカマキリも畑で活躍中。
ワイルドストロベリー。何もしていないのに初夏、たわわに実ります。
ワイルドストロベリーの花の頃。
ニンニク。
エンドウ豆。
そら豆の花。
早春のご縁農園。それぞれ勝手に作業する子どもたち。

三歳児のちいさな手で、オクラの種取り。
赤紫蘇は、梅干しに使います。
夏の恵み。朝どれきゅうり。

まなぶ くらす

長男のホームスクーリングをきっかけに生まれたあたらしい学び場「まなぶくらす」。大人も子どもも五感をフルに使って学びます。畑、手仕事、お米づくり、漢字楽習、その他イロイロ。学び毎週水曜日プラスアルファで活動してます。「へいわのじかん」は「わ」(和・輪・話)をモットーに月イチ開催。輪になって対話をし、平和について想いめぐらす時間です。